給湯器の交換は業者に頼もう|最良な業者を見つけるコツとは

給湯工事の流れ

給湯器

給湯器の交換・取り付け工事をする時は、業者に見積もり依頼をします。業者は設置場所などの現地調査を行って見積額を提示します。見積もりに納得したら本契約をして工事日を決定します。既存の給湯器とリモコンを取り外して新しいものと交換し試運転を行います。10年間の工事保証書が依頼主に渡され工事は完了します。

給湯器を選択しよう

リモコン

ガス給湯器を設置するメリットとしては、水温が安定してある程度の量のお湯が一気に使えるという点にあります。また、給湯器自体のサイズも小さいため、都会の狭い家やマンションなどでも取り付けることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

対応スピードで選ぶ

給湯器

給湯器の交換が必要になった際、業者選びで一番大切なのは、対応が早いかどうかです。そのためには、まずは連絡してすぐ様子を見に来てくれることと、交換用の給湯器の在庫があることの両方が大切です。その上で、交換後のアフターフォローがしっかりした業者に依頼するようにしましょう。

サービス内容を確認しよう

住宅

どこに依頼するか

いまや生活に欠かせなくなった給湯器ですが、機器である以上、故障や経年劣化は避けられません。そんなときに悩むのが、どこの業者に交換を依頼すれば良いかということです。給湯器の交換は主に三つの選択肢があると言ってもいいでしょう。一つはメーカーに依頼することです。保証もしっかりしていますし、最新の給湯器の情報を手に入れることもできます。ただ、設置に関しては下請けの業者が担当することになりますので、選択肢がやや狭まるということもあります。二つ目はガス会社に依頼するというものになります。実際このパターンが一番多く、対応も丁寧で安全安心というメリットがあります。ただ、すべてのメーカーを取り扱っているわけではないので、希望の給湯器が設置できないこともあります。最後に地元などの業者に交換を依頼する方法です。この方法は何と言っても費用を抑えられるというメリットがあります。サービスもしっかりしていますし、最近は手厚い保証もついています。ただ、業者は数多くあるため、ピンからキリまであるのが実状です。ですから業者の選択にはより慎重になりましょう。実績を見るのはもちろん、電話やスタッフの対応などもチェックしておくことが大切です。多くの業者が見積もりが無料ですし、出張見積もりや相談も受けてくれますが、費用に関してはきちんと確認しておく必要があります。たとえば追加料金や保証期間、正規の部品かどうかなど、交換の際にはできる限り確認しておきましょう。