給湯器の交換は業者に頼もう|最良な業者を見つけるコツとは

  1. ホーム
  2. 給湯工事の流れ

給湯工事の流れ

給湯器

給湯器の交換・取り付け工事をする場合は、まず、業者に見積もり依頼をします。交換の場合は、現在使っている給湯器の品番を電話やインターネットを使って業者に伝えます。業者は、配管や設置場所などの現地調査をしてから見積もり書を出しており、見積もりはインターネットで見ることもできます。見積もり金額に納得したら、業者と工事の日程調整と支払い方法を決定します。工事当日は、既存の給湯器と配管を取り外して、外壁の汚れを落とします。長い間の汚れがついているので、きれいにしてから新しい給湯器を取り付けます。新しい給湯器を取り付けたら、水準器を使って給湯器に傾きがないか調べます。水準器で給湯器が水平になっていることを確認した後、外壁にしっかりと固定します。配管から水抜きをして、新しい給湯器と接続します。ガス給湯器の場合は、専用のチェッカーで接続部からガス漏れがないか確認する作業が加わります。配管を断熱材で覆い、その上からテープを巻き固定します。その後は、台所に移動してリモコンの交換作業をします。交換するのはリモコン本体のみで、配線は既存のものを使います。新しいリモコンを設置する時も水準器を使って水平チェックをします。台所のリモコンの設置が終わったら、浴室のリモコンを交換します。リモコンを使って給湯器の試運転を行い正常に稼働するか確かめます。異常がなければ、10年間の工事保証書が依頼主に渡され設置工事完了です。